安藤裕の学歴は慶応義塾系列のおぼっちゃま!税理士から政治家へ転身

3 min
安藤裕の学歴

元衆議院議員の安藤裕(ひろし・57)さんが、M-1グランプリ予選に「赤字黒字」というコンビ名で出場していたことが分かりました。


コンビのお相手は、小泉今日子さん似の京都ローカルタレント「大奈(だいな)」さん。

残念ながら1回戦敗退だったようですが、実はこのお相手、以前安藤さんと不倫関係と報道された噂の方なのです。

安藤さんは、2021年に週刊文春で大奈さんとW不倫関係にあると報じられ、その後の衆院選の出馬を断念。しかし当時からご本人は否定し続けています。


この記事でわかること。

1.安藤裕の学歴
2.安藤裕の経歴
3.安藤裕の不倫疑惑

さてM-1の結果は残念でしたが、今回は安藤さんがどんな方なのか、学歴や経歴、不倫疑惑について調べてみました。

安藤裕の学歴は慶応義塾大学!高校は?

安藤さんは神奈川県出身で中学・高校・大学と慶応義塾系列の学校を卒業しています。

公立の小学校卒業後、神奈川県にある「慶應義塾普通部」に入学しました。

この学校は、唯一「中」の文字が含まれない中学校で、また慶応義塾が運営する学校で唯一の男子校です。

普通部から「慶応義塾高等学校」に進学・卒業しています。

慶応義塾に通う学生はほぼ内部進学を選ぶと聞きます。普通部では学生のうちおよそ9割が「慶応義塾高等学校」に進学。

高校卒業後は「慶應義塾大学経済学部」に進学・卒業しています。

慶応義塾の運営する学校ですから、どの学校も当然偏差値が高いです。

普通部の偏差値が74、高校が76、大学経済学部は67.5となります。

また、内部進学の学生は裕福な家庭が多いイメージがありますね。

残念ながらご実家の情報は見つけられませんでしたが、安藤さんが大変優秀な学生であったことは分かりました。

安藤裕の経歴を調査!税理士から政治家へ転身の過去

安藤さんの経歴はズバリ「超優秀な努力家」です。

安藤さんは大学卒業後、10年間サラリーマン生活を送りながら、税理士試験に合格

その後独立し税理士として10年過ごした後、政治家を志し2012年12月から2021年10月まで衆議院議員を3期務めています。

安藤裕が議員になるまでの経歴

大学卒業後、安藤さんが最初に入社したのは相模鉄道株式会社で、およそ7年務めています。

鉄道会社と言えば公務員に近い手堅いイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

コロナ禍で近年は私鉄の多くが赤字を出しているとはいえ、当時の鉄道業界の就職の難易度は非常に高く、安藤さんが優秀な学生であったことがうかがえます。

その後、税理士事務所に転職し、働きながら2年ほどで税理士資格を取得しています。

働きながら資格を目指す人も多いと思います。しかし2年で取得できる人はなかなかいないのではないでしょうか。

資格取得後は、個人で税理士事務所を開設。およそ10年運営し、その間に本も出版しています。

安藤裕が議員当選してからの経歴

2012年には、京都6区から自民党で出馬。比例で初当選しています。

「日本の未来を考える勉強会」を主催し、2018年「内閣府政務官兼復興政務官」に、翌年には「自由民主党政務調査会総務部会部会長代理」に就任しています。

そして、2021年にW不倫報道により、出馬を取りやめています。

衆議院議員時代、かなり中枢に近い場所に向かい出世していたと言えるのではないでしょうか。

その後、YouTubeチャンネル「安藤裕チャンネルひろしの視点」を開設し、政治にまつわる自身の意見を発信し続けています。

2022年4月には「新党くにもり」の共同代表に就任し、東京選挙区から出馬していますが落選。

政治に戻れるものなら戻りたい、そうでなくとも自分の意見を発信し続ける。

そのような強い意思を感じます。

安藤裕と大奈の不倫疑惑はデマ!

冒頭でもお伝えした通り、W不倫報道に対し、当時から本人達は否定し続けています

今回フライデーの取材に対し大奈さんが「本当に不倫してたらこんなに堂々としていられない。2人で活動するのはその証明でもある」という趣旨の発言をしています。

個人的にこれはあまり論理が通っているとは思いませんが、疑惑を晴らす他の良い方法というのもなかなか思い浮かびません。

現在安藤さんは2年前からYouTubeで精力的に政治・経済・教育についての発信を続けていますが、一般に知名度が高いとはいえません。

今回M-1に挑戦したのは、埋もれている現状を打開するため、お笑いという間口を使い打って出たというところでしょうか。

自民党時代から積極財政を訴え、今も「政治の赤字はみんなの黒字」とスローガンを掲げて活動しています。

「新党くにもり」の街頭演説の中で、「私が今あなたにお金を渡したら、私は赤字。あなたは黒字です。それを政府がやらなければならない」と訴えていました。

かなり喋りがうまく、訴求力のある演説に感じました。

若者の支持が広がれば、再び国政に戻る日もあるかもしれません。

ただ、10月2日にアップロードされた動画の中で、大奈さんから人種差別ともとれるような際どい発言がありました。その部分をカットせずにアップロードするのは少々迂闊な気がします……。

■参考(4:28~道を教えてくれた親切な中国人らしき方に対し「もしあの人が中国人だとしたら印象が変わっちゃうじゃないですか」と発言)

M-1グランプリに出てみました。「政府の赤字はみんなの黒字」の拡散のためです

ともあれ、昨今、不倫に対して制裁を加えたい集団心理が過剰すぎる気もします。不倫はよしとはされませんが、あくまでご当人たちの問題です。

とくにお2人は決定打と言えるような証拠が報道されたわけではありません。まさに「ただの疑惑」です。

であるにも関わらず、不倫と決めつけられてしまったことには同情する他ありません。

動画の中で「次回また挑戦します」と発言もあり、やり終えた後のお2人は大変清々しい表情を浮かべていました。

新しいことに挑戦する戦略も意欲も素晴らしいですね。今後のお2人の活動に注目していきたいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です